辛い思いをしない為にも、病気を克服しましょう

鬱の原因って?

PICKUP

脳内物質の影響

うつ病はストレスによる脳神経伝達物質のバランスが崩れてしまうことで起きるものと言われています。そのため正しい治療法が大事になってきます。一過性のものと慢性的なものに分かれます。

read more

うつ病の負担低減

うつ病の負担を減らす方法として医療費公費負担制度があります。保険適用範囲であっても長期的な治療が必要になる分これらの制度を利用した通院方法をとることで負担を低減することが期待出来ます。

read more

うつ病の症状と確認

気分の不安定とうつ病の症状

最近、何だか気分や体調が優れず、一日中辛い思いをしている方、 また朝は中々起きられず、夜は夜で全然寝付けない、と困っている人も 多いのではないでしょうか。 これらの症状が何日も続いている場合は、うつ病のサインの可能性があります。 うつ病に掛かると、一日中気分が沈んでしまったり、無気力、倦怠感で 何も出来ずに一日が終わってしまったりする事などもあります。 そうした症状が見受けられる場合は、心療内科、またはメンタルクリニックに 通う事により治療を受ける事が出来ます。 治療と言っても風邪とは違うので、精神科医の先生に今の心の状況を 語るだけのカウンセリングです。 そのカウンセリングの内容によって、治療方法を相談したり 治療薬を使うかどうかが決められたりします。

精神科は怖い場所ではない

精神科、メンタルクリニックと聞くと、偏見を持ち妙に怖がる、 差別的な目線で物事を捉える人も居ますが、今の世の中ではそうした 心の病んでいる、うつ病で治療を受けている方は沢山居ます。 また病院内も静かで落ち着いていてリラックス出来るよう工夫が されています。 うつ病以外の症状で来ている人、不眠症や統合失調症も 精神科に分類されるので様々な人が訪れています。 またうつ病には誰にも言えない悩みがあるからこそ 気分が落ち込んでいる、などの影響も含まれている事があるので 一度、先生に話しを聞いて貰う事によって胸のつかえを取る事も出来ます。 うつ病は怠けているからなる訳ではありません。 本人の心が繊細だからこそ掛かりやすいとも言われています。 少しでも心が不安に感じたら、メンタルクリニックに通ってみては 如何でしょうか。

大切なのは「休養」「薬」

うつ病への治療で注意しなければならないのは、薬だけではなかなか治りにくいということです。うつ病に対する治療の根本的な大きな柱は「十分な休養」と「薬」です。この2つが合わさった相乗効果により早期の回復が可能になります。 うつ病を発症した人は、基本的には責任感が強く、完ぺき主義、過度な努力をする人が多いようです。このため薬のみで治療を行い、休養をおろそかにしてしまう人もいます。しかし頑張りすぎることでうつ病の治癒は遅れてしまいます。精神的、身体的にもストレスが多大な状態では、治療の効果は十分に得られません。うつ病と診断されたら、1度しっかりと治療に専念することも大切です。また、家族もこのことを理解し支えていく必要があります。

うつ病治療中の注意点

うつ病は発症してから症状が一進一退します。少しよくなったからといって薬を中断しては、再度悪化してしまうこともあるため自己判断による休薬は絶対にしてはいけません。 うつ病は治療を始めても最短で3ヶ月程度時間がかかるといわれています。さらに症状により個人差があるので、この期間中に完治するかといわれればそうでもないのです。そのため、症状の変動に振り回されず、あせらずじっくり治療をしていくことが必要です。 うつ病になると脳の働きが緩慢になるため、判断能力が低下します。このとき突発的な行動を起こしてしまう人もいます。しかし回復した後になると、なぜ自分があんなことを考えていたのか全く理解できないという人がほとんどです。回復するまでは何か大きな決断を実行することは避けたほうが良いです。

うつ病と金銭面

うつ病の治療方法は薬物治療をとるといのが一般的ですその理由として脳内物質のバランスの欠如があるからです。この治療薬は決して安いわけではなく、保険適用外の場合もあります。

read more

うつ病の歴史

うつ病は昔からあったとされています。しかしながら近年広まった理由はうつ病自体がよくわからなかったという背景があります。うつ病は古代ギリシアには既にあったとされています。

read more

初期症状とは

うつ病は初期症状があります。この症状に不眠や気力低下などがあります。脳内物質のセロトニンとノルアドレナリンの分泌不足が影響しており、脳障害による不眠などが初期症状として現れます。

read more